未分類

学園祭に向けて準備中!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

 

10月28日㈯,29日㈰は学園祭!

 

昨日、学園祭で販売するホットサンドの試食会を行いました。

 

本日はその様子を写真でご紹介!

 

試食会はじめ!作るのは2年生の熊井シェフ

 

放課後に話を聞きつけた電子技術科の学生が詰めかけました

 

ツナ缶入りやピザソース入りなど、みんなで試食してメニューを決めました

 

電子技術科はホットケーキ・ホットサンドの販売、電子工作体験、ミニ四駆大会、感電体験、レーザーカッターを使った名札の作成など、

 

どの学科よりも元気に学園祭を盛り上げます!

 

10月28日㈯,29日㈰は学園祭!3号館5F電子技術科スペースへお立ち寄りください!

 

(10月16日追記)

学園祭公式ページがOPENしました!

ご来校前にぜひご覧ください。

http://2017.in4-tec.info/

未分類

アジア最大級の展示会「CEATEC2017」へ行ってまいりました!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

秋の学外教育実習として、アジア最大級の電子技術展示会CEATECに行ってまいりました。

 

オムロンの卓球マシン「フォルフェウス」や、AI入りのボール型ロボット「ハロ」など学生・教員ともに

最新技術を堪能してまいりました。

 

学生が撮影した写真と併せて、その一部をご紹介!

 

1.上からの様子

おそらく出展数600社以上!画像では一部しか写せませんが、今年も圧巻でした!

 

2.基板の設計製造を行っている仙台の会社さん

様々な企業・大学と連携して、最新の機器を開発しているそうです。

専門学校からも採用されているそうで、本校から就職を目指す学生もいるかもしれませんね!

 

3.小型な高輝度プロジェクター

この距離・このサイズでくっきり見えます!

 

4.テスラモーターズの電気自動車

前にも後ろにもエンジンはありませんでした!

 

5.オムロンの卓球マシン「フォルフェウス」

卓球経験のある1年生が試したところ、ラリーには強いけどスマッシュには弱かったそうです!

 

6.AI入りのボール型ロボット「ハロ」(学生が撮影)

AIが人の声を読み取り、会話したり質問したりします!

 

7.360°走り回れるVR向けコントローラー

このコントローラーと専用の靴を使うとどれだけ走ってもその場でツルツル滑り、360°走り回ることができます!

未分類

新校舎電子工学実習室を360度ご紹介!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

360度映像を本ブログでご紹介できることがわかり、
早速、新校舎にある電子工学実習室の写真を撮ってまいりました。

右側壁沿いに、オシロスコープや低周波発振器などの必要機材がずら~っとならんでいます!

新校舎は壁も床も真っ白!
凄くきれいな新校舎ですが、実は当学科卒業生が新校舎の音響設備に関わっています!

当ブログをご覧の皆様も、先輩の作った新校舎で学びませんか!?

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

未分類

オープンキャンパスに向けた準備が終わりました!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

5/28(日)に行われる第1回オープンキャンパスが近づいてまいりました!

 

皆様をお迎えするにあたり、

製作体験用のオリジナルキットを用意したり、

レーザーカッターのメンテナンスをしたり、

忙しくも充実した一週間でした。

 

今日はオープンキャンパスでの電子技術科のコンテンツを写真でご紹介いたします。

IMG_20170526_112124

1.回路製作体験

電子技術科のオープンキャンパスといえばやはりこれ!オリジナルキットの製作体験!

教員が企画・設計している完全オリジナルキットです。

今年からはインターネット時計「TeClock」が仲間入り!

インターネット上のサーバーから正確な時間を取得できますし、

作ったものはお持ち帰りできますので、ぜひ体験してください!

IMG_20170526_114950

 

2.2Kテレビと4Kテレビの比較実演

SF巨大ロボット映画の大作「パシフィックリム」の2K版と4K版を表示し、映像の美しさを比較実演します!

写真ではこの違いが判らないので、ぜひ自身の目で見てお確かめください!

IMG_20170526_112312

 

3.室内ドローンの操縦体験

今年から初めて、映像中継可能な室内ドローンの操縦体験ができるようになりました!

操縦の難しさに在校生は大苦戦。チャレンジャー募集中です!

IMG_20170526_111639

 

4.壁走りロボット「うおーるぼっと」操縦体験

このかわいいロボット、壁を走ります!

IMG_20170526_112148

 

5.5軸ロボットアーム操作体験

今年初めて、5軸制御でモノをつかんだり絵を描くことができるロボットアームの操作体験ができるようになりました。

ブロックを積んだり文字を書いたり、ぜひお試し下さい!

IMG_20170526_111417

 

6.レーザーカッター、3Dプリンター実演

電子技術科所有のレーザーカッターで刻印を彫ったり、3Dプリンターの動く様子を見ることができます!

IMG_20170526_111402

 

7.ICチップ拡大展示

ICチップの内部構造をわかりやすく拡大鏡で表示します。

IMG_20170526_111543

 

8.光ファイバー融着接続体験

光通信技術の基礎を担う光ファイバーの融着体験ができます。

IMG_20170526_111537

 

9.実験内容の展示

電子技術科2年「電子応用実験」の実験機材や動作の様子を展示します。

IMG_20170526_111427

 

10.卒業製作作品展示

歴代の卒業生が作った作品を展示します。

IMG_20170526_111657 IMG_20170526_111704

 

オープンキャンパスは、ここでは紹介しきれなかったコンテンツがほかにもいっぱいあります!

実は新校舎である新1号館でも展示を行います!その様子は追ってご紹介しますね!

 

5/28(日)10:00~、ぜひ電子技術科へお越しください!待っています!

未分類

時速500kmで走るリニアモーターカーを見学しました!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

毎年恒例の学外教育実習として、リニアモーターカーの見学と富士急ハイランドでの学生間交流を行いました。

今日は時速500kmで走るリニアや、本実習で交流を深める学生の様子を

写真・動画でご紹介します!

 

・記念写真

山梨県立リニア見学センターで技術見学を行いました。

IMG_20170519_105116

 

 

・試験車両の展示

実際に試験に使用された車両が展示されていて、触ることができますIMG_20170519_105259 IMG_20170519_105316

 

 

・試験車両の中の様子

IMG_20170519_105724

 

 

・試験車両が通過する実験線

施設横には全長42.8kmの実験線が通っています

IMG_20170519_105510

 

 

・リニアモーターカーの速度は時速500km!

 

 

・説明員の方からご説明頂いている様子

詳しい説明員の方から、仕組みや歴史を解説頂きましたIMG_20170519_110936

 

 

・沢山の技術展示

施設には様々な技術展示がありました

IMG_20170519_110721IMG_20170519_112110

 

 

・お土産

家族のため、自分のため、皆それぞれでお土産を買いました。

IMG_20170519_115219

 

 

・富士急ハイランドでの集合写真

IMG_20170519_125759

 

 

・帰りのバス

(少しはしゃぎ過ぎた様ですね!)

IMG_20170519_151641

未分類

新校舎での実習が始まりました!

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

新年度に入り新校舎への引っ越しも終わり、やっとブログの更新ができました!

電子技術科も早速、新校舎を使い授業を行っています!

 

新校舎6階にあるのは電子工学実習室。

一年生はここで行われる「電子回路実習」で

「抵抗」や「トランジスタ」といった電子部品の基本動作を学びます。

 

一年生にとっての初めての実習!

 

電子技術科の実習・実験は、

1年前期の「電子回路実習」に始まり、1年後期の「電子基礎実験」、

2年前期の「電子応用実験」、2年後期の「卒業製作」と、

楽しさも難易度もステップアップしていきます!

 

これからの授業が楽しみですね!

DSC02178 DSC02176 DSC02181 DSC02180

 

 

未分類

CEATEC2016に行ってきました!

今年も1・2年合同でCEATECに参加してきました。

CEATEC毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術の国際展示会です。

img_1121_r

会場の様子

本展示会では国内外を問わずエレクトロニクスに関連する多くの企業が最先端の技術をお披露目します。

今年特に印象に残った技術を幾つかご紹介しましょう。

1.透明ディスプレイ(パナソニック)

img_1132_r

なんと手がすけて見えるんです!通常のテレビと変わらない画質を維持したまま、画面の向こう側が透けて見えるなんて驚きです。

2.ランドロイド(seven dreamers)

img_1106_r

洗濯機一体型衣類自動折畳収納機(長い!)

詳しい仕組みについてはまだ非公開なところが多いようですが、洗ったばかりの洗濯物がキレイに折りたたまれる様子は圧巻一言です。

3.超小型モビリティ「MC-β」(本田技研工業)

img_1119_r

3Dプリンタで外装を製造した超小型モビリティ。

車の外装も自分の手でデザインできる時代がすぐそこまでやってきています。

他にも数多くの展示が我々を楽しませてくれたCEATECは来年10月3日-6日の日程で実施されますので、ご興味がお有りの方はぜひ参加を検討されてはいかがでしょうか?

未来がほんの少し身近になった1日でした。

未分類

電子技術科の多彩な授業#1

 

みなさんこんにちは、電子技術科ブログスタッフです。

夏休み明け一回目の更新はこちら!

「1年アプリケーションの基礎」授業風景

電子技術科の授業は実験・実習が中心とりますが、以外にもExcelやWordなどワープロソフトウェアの使い方を学ぶ授業もあるんです。これらのソフトは実社会においても、読み書き・そろばん・WordにExcel(言い過ぎか、、、汗)と言われることもあるくらい有名です。電子技術科ではMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)資格の取得を目的とした授業を展開しており、入学した一年生はまず、本授業で基礎をしっかりと習得した上で試験に挑みます。多くの学生にとって初めての資格取得となり、今後の自信にも繋がる重要な資格です。ただ取得してそれで終わり、ではなく実際の実験・実習のレポート作成に役立てています。資格は持っているだけでは意味がなく、継続して活用することが大切なんですよ。

さて、このように電子技術科では将来役立つ実践的な授業を数多く展開しています。次回以降も授業を紹介していきますので乞うご期待!

DSC01925_R

ある日の905教室

未分類

1・2年合同つくば見学会が実施されました!

5/13金曜日は学外研修で茨城県のつくば市に行ってきました。

つくば市といえば研究学園都市として全国的に有名な場所で、産業技術総合研究所やJAXAなどがあり、技術立国を支える基幹としての側面だけでなく見学やツアーなど見どころも多彩です。

はじめに産業技術総合研究所では、日本の産業史における技術との関わりを学び、最先端の技術の数々に感銘を受けました。なかでも直接触れることができるアザラシ型のロボット「パロ」には大勢の学生が興味を持ち、性能や仕様を確認するなど、電子技術科らしい?質問が飛び交いました。

IMG_9045

サイエンス・スクエアつくば

続いて宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)を見学しました。

広大な敷地に入るとまず、全長約50m、直径約4m、質量約260tの「H-Ⅱ」ロケットが横たわっており、そのスケール感に圧倒されます。

また展示館スペースドームでは、まず100万分の1スケールの美しい地球に心を奪われ、インターネット上のマップではわからない宇宙のスケール感に学生も驚いたようです。

技術展示の数々からエンジニアの活動するフィールドの広さを実感した学生は「楽しかった!」「宇宙に関わる仕事がしたい」という声もちらほら。

IMG_9049

JAXA正面

日々授業におわれる学生たちにとって、リフレッシュだけでなく将来を垣間見る1日となったようです。

未分類

電子技術科の学生が学会発表を行いました。

こんにちは。電子系ブログスタッフです。

寒暖差の激しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしですか?体調など崩さぬようご自愛下さいね。

さて、今回は卒業研究の研究成果を学生が学会発表を行いましたので、紹介させて頂きたいと思います。

平成 27 年度電子情報通信学会東京支部学生会研究発表会(東海大学 高輪キャンパス)にて、下記の演題の発表を行いました。

「静電結合方式による抜針検知に関する提案」

〇鈴木枝里,吉田亜希乃,関川昇吾,中村真人,中谷直史

「透析治療中における意図しない抜針監視システムの開発」

〇吉田亜希乃,鈴木枝里,佐藤慶太,松前健司,中谷直史

 

これらの研究は透析などの血液浄化療法を受ける患者さんの返血側の留置針が抜針することによる、大量失血事故を防ぐ方法を提供しています。

透析治療には概ね毎分200 ml程度の血液を体外循環させる必要があることから、仮に返血側の留置針が抜けてしまうとわずかな時間でも大量失血し大変危険です。

本提案回路は抜針を検知するとセンサの交換が必要となる従来の方法と比較して、血液に直接触れることを要しない電極を使用しており、基本的に繰り返し使用可能としている点が特徴として挙げられます。

すなわち、ランニングコストの軽減につながることから、これまで導入が困難であった施設にも普及が見込まれるものと考えられます。

また、抜針を検知した場合にナースセンターのPCや、タブレットなどに直ちに警報されるWEBシステムも合わせて開発しています。

これらを活用することによって、迅速にスタッフが対応することが可能となることから、患者さんの安全向上に寄与するものと考えられます。

 

発表当日は大学院生や大学生が大半を占める中、唯一の専門学校生の発表でしたが、二人とも初めての学会と思えないくらい堂々と発表を終えることが出来ていました。

指導教員として大変頼もしく思います。ほとんどの学生は4月から社会人となりますが、この経験を活かして活躍されることを期待しております。

最後になりますが、Webシステムの開発に関し、情報学部(高度情報システム科、情報処理科)の学生さんに多大なるご協力を頂きました。

この場を借りて心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

IMG_6512 IMG_6515