ELECTRONICS DEPARTMENT 情報システム系 ELECTRONICS DEPARTMENT 情報システム系

授業風景

電気工学科 制御実習を行いました!!

こんにちは。
東京電子 電気工学科ブログスタッフです。

10月も目前に迫り、涼しい日が増えてきました。
当校の電気工学科の2年生は、制御実習Ⅰと呼ばれる授業で、シーケンス制御の基本について学習しています。4月に始まった実習もいよいよ最終段階。難しい課題に取り組んでいます。

シーケンス制御とは、スイッチのON/OFFやモーターの回転/停止など、対象の動きを順序道りに制御する方法です。身近な電気機器だと、洗濯機でスタートボタンを押すと「給水」⇒「洗い」⇒「排水」⇒「脱水」のように順序通りに洗濯が進む際の制御などに使われている技術です。

実習では、まず実習用のボードにスイッチ、表示灯、リレーなどの必要な部品を取り付けます。

課題から回路図を作り、部品を電線で接続します。

どの学生も真剣に取り組んでいます。

実際に課題どおりに動いてくれるか確かめます。
どうしてもうまくいかない場合は経験豊富な先生が丁寧にサポートしますので安心してください。

こういった制御関連の実習で学んだことを活かし、最終的に卒業研究としてNゲージという鉄道模型を使った踏切や信号機の制御にもチャレンジできます!
なお、電気工学科の体験入学やオープンキャンパスでも、鉄道模型を使った制御の様子を実際に見ることができます!

体験入学やオープンキャンパスは事前予約制となっていますので、ぜひ詳細を確認・登録してみてくださいね。
イベント詳細・予約はこちら

また、当校の資料もウェブ上から申し込み可能ですので、気軽に資料請求してみてください。
資料請求はこちら

 

東京電子専門学校の教職員一同、皆さんと一緒に学べる日を楽しみにしています!

CATEGORY

ページトップへ